タイトル

北九州の環境イベント情報
北九州の環境イベント情報

北九州で開催される環境イベントのご案内です。








食材まるごと複数部門 大賞
大根をまるごと葉から「しっぽ」まで
むだなく使い切ることでエコで環境に
やさしい料理を心がけています。


【大根】

大根を使ったレシピ

1品目 大根の真ん中の軟らかいところで
大根ゼリー

大根ゼリー

材料(8人分)
大根
130g

(A)

250cc
寒天
5g


ラム酒 もしくは
バニラエッセンス

少量
大根葉
適量
500cc
砂糖
100g
牛乳
100cc

作り方
(1)
大根はみじん切りにして柔らかくなるまで(15分強)茹でる。
(2)
(1) をざるにあげ、水気を絞る。
(3)
(A)を鍋に入れ、煮立てる。水500ccと砂糖を加えてさらに煮溶かし (2) を入れ牛乳を加える。
(4)
(3) にラム酒もしくはバニラエッセンスを加えて、ながし缶に流し入れ、冷やし固め、等分に切り分け大根葉を飾る。

2品目 真ん中は水分たっぷりで柔らかく、味が良くしみる
マーボー大根

マーボー大根

材料(8人分)
大根
600g
豚ひき肉
200g
豆板醤
小さじ1
大さじ2
300cc
ごま油
適量

(A)

にんにく
ひとかけ
白ねぎ
30g

(B)

甜麺醤
大さじ3
醤油
大さじ1/2

(C)

みりん
小さじ1
片栗粉
大さじ1
大さじ2


作り方
(1)
大根は皮をむいて小さめの乱切りにする。
(2)
鍋に油を熱してひき肉をほぐしながら炒め、みじん切りにした(A)を加えてさらに炒め、大根、豆板醤を加えて炒め合わせる。
(3)
酒を振り入れ、水300ccを加える。煮立ったら火を弱めて蓋をして15分ほど煮る。
(4)
(B)を加えて混ぜ合わせ、さらに3分ほど煮る。
(C)の水溶き片栗粉でとろみをつける。
(5)
ごま油を振る。

3品目葉のすぐ下は青みが残っていて、甘みがあり大根おろしが良い
鯖の焼きづけ

鯖の焼きづけ

材料(8人分)
大根おろし
480g
540g
ピーマン
120g
にんじん
80g
たまねぎ
240g
サラダ油
大さじ2

(A)

120cc
醤油
大さじ3

作り方
(1)
鯖を素焼きにする。(オーブンで焼く場合は200℃で13分)
(2)
野菜はそれぞれ千切りにして炒め、大根おろしと和える。
(3)
(A)で調味し、20~30分つける。

4品目しっぽの部分はやや筋が多く辛味があるので、スープの実等にするとよい
春雨と大根のスープ

春雨と大根のスープ

材料(8人分)
大根
240g
にんじん
60g
万能ねぎ
10本
春雨
100g
醤油
大さじ2
塩・こしょう
少々
1200cc

(A)

しょうが汁
1かけ
スープの素
1個

作り方
(1)
にんじん、大根は5cm長さの千切り、ねぎはざく切りにする。春雨は熱湯をかけ柔らかくし、5cm長さに切る。
(2)
鍋に水とにんじん、大根を入れて煮立て、柔らかくなったら(A)と春雨を加える。
(3)
春雨がやわらかくなったら醤油、塩、こしょうで味付けをする。
(4)
ざく切りにした、ねぎを加える。

5品目
ちょっと大根の皮きんぴら

ちょっと大根の皮きんぴら

材料(8人分)
大根の皮・葉
にんじんの皮
ごま油
醤油
おかか
作り方
(1)
大根の皮、にんじんの皮を千切り、大根の葉は5mm幅に切る。
(2)
ごま油少々で炒め、しんなりしたら醤油を少々さし、おかかを振りかける。

審査会の声
  • 大根をゼリーにするという発想が面白いですね。(管理栄養士)
  • 大根を一本まるごとたくさんの料理にかわって、どれも食べやすいです。(調理師)
  • 大根ゼリーは、大根が嫌いな人でも食べられると思います。(食育インストラクター)
  • 大根ゼリーに創造性がありますね。(九州栄養福祉大学 食物栄養学部 食物栄養学科 准教授 瓦林 信子さん)
食材まるごとTOPページへ戻る 次のレシピへ
※ 無断複写・複製・転載を禁じます。